颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




父の事 :: 2012/02/05(Sun)

父が亡くなって1週間が経ちました。

仏教徒だと、初七日

しかし父の実家は神道なので50日まで何もありません。

先週の日曜の朝、母から「おじいちゃんの様子がおかしいらしいから帰って来て」の電話の後
30分も経たずに私の携帯へ病院の医師より「9時20分息を引き取られました」と連絡が入った。
母は病院へ向かうタクシーに乗ったばかりのようだった。

私は長期滞在に成るので、喪服や着替え等を用意し
長女に連絡を入れ(彼女は前夜スノーボードから帰ったばかりだった)
夫と別に2台の車で父の入院していた病院へと向かった。

慌てて事故を起こしてはいけないので、いつもより運転は慎重でした。

病院に着き、葬儀屋さんの手配は母が既に済ませていました。
(この時は母は冷静沈着でした)
父の亡くなった弟のお嫁さん澄叔母さんが来てくれて
しばらくしてから葬儀屋さんが父を迎えに来てくれました。

担当医は日曜日で居なくて、休日勤務の若い医師が父を看取ってくれました。
あれほど絡んでいた痰も全く無く、
朝食を食堂へ車椅子で食べに行って気分が悪いと言い
そのまま血圧がどんどん下がって亡くなったそうです。
苦しむ事も無く、本当に穏やかな優しい顔に成って居ました。
その顔を見て。。。神様が連れて行ってくれたんだと思いました。

丁度3週間前に亡くなった私の大事なメルロンは
セラピードッグでお年寄りが大好きな何をしても怒らない子でした。
私はあの子の死を受け入れる事が出来なくて
本当に苦しい日々を送って居ましたが
父の傍に居る為に先に逝ったように思えて、やっと彼の死を受け入れる事が出来ました。
父は気分屋で動物に優しい時も有りましたが邪険にする事も有りました。
メルロンだったら、我慢強く父の相手をしてくれる事だと思います。

肉親が亡くなると、悲しむ暇もない忙しさです。
葬儀屋さんと様々な打ち合わせ
経験豊富な澄叔母さんに教えて貰いながら
母と二人で右往左往!
母はしっかりしているようだが少しぼんやりし始める

翌日は友引だったのでお通夜はできなくて

葬儀屋さんが納棺に来て、神主さんから預かった来た「ヘイ」を渡された。
(ヘイとは玉ぐしに付いて居る白い和紙です。
榊は澄叔母さんが1本木を切り倒して持って来てくれました。
神主さんが使う大きな枝を3本、玉ぐし用50本)

夕方、父と同い年で仲の良かった近所のおじさんが訃報を聞き泣きながら弔問に来て下さった。

役場に死亡届を出して、火葬の許可証やその他の手続きに用紙を貰う。
母が葬儀の費用を父の口座から引き出そうとしたが
もう凍結されていた。。。日曜日に亡くなると、手も足も出ないですね。

私は神道のお通夜は初体験
御霊寄せでは家の灯りをすべて消した。。。ほとんどの方が初体験で驚かれていました。
神道は日本語なので、お経を聞くより解り易かったです。

葬儀の日は朝から雪
120201_0851~02
娘達が「流石おじいちゃん、ただでは済まさない!」等と言っていた。
しかしお昼の出棺の頃には日差しが戻り
道路に積もって居た雪も溶けていた。
親族の挨拶を叔父に頼んだが断られたので(とにかく面倒な事はしたくない人です)
夫は上がり症で声も小さくなるので、私がしました。
こんな時に舞台経験が活きました。

精進落しの皿鉢料理
120201_1601~01
郷土料理、鯖の姿寿司(子供の時から怖かった)
120131_2001~01


父の血縁で元気なのは、父の母方の従妹(父と同い年)随分年下の従妹二人と私の従妹(姪)だけです。

斎場へ向かう霊柩車には私が乗りましたが
運転手さんが母がアルプスなどに登って居た時にお世話に成った方で
母の事を大変気にかけて下さっていて、ありがたかったです。

お骨上げも、血の繋がった者は私と娘達だけで
ほとんど三人で納骨をして、私が父を胸に抱いて帰宅しました。

父は娘達を大変可愛がってくれていましたので、これで良かったと思っています。

お通夜の時から、洗い物に追われていましたが
葬儀が終わっても、食器類が山のように有って
澄叔母さんと従妹の恵ちゃんが凄く助けてくれました。
恵ちゃんは私より数か月年上のおねえさんで
父の亡くなった弟和おじさんの長女、和おじさんは父と違って
本当に優しい穏やかな人で、恵ちゃんも昔は寡黙な美少女でしたが
3人の子供の母に成って、綺麗なのは変わりなかったけど
逞しく成ってました^^
恵ちゃんの長男は長女と同じ年で
英語、スペイン語、イタリア語、フランス語が得意でフランス語の通訳の資格を持って居るそうです。
頭が良いとは聞いて居ましたが、、、うらやましい!
専攻はスペイン語でフランス語とイタリア語は独学ですって!凄いなぁ!
でも、組織に属するのは嫌らしく一匹狼なのだそうです。
下二人の女の子も、なかなかユニークで
私の子供たちより父の血統の影響が色濃くて話を聞いていて面白かったです。

葬儀の翌日は、葬儀には仕事を理由(本当は帰れたのは別ルートから伝わって居た)
に帰って来なかった兄から電話があり
余りにも身勝手な事ばかり言うので、母を守る為にも
少し意見をした。。。6歳離れた妹に耳の痛い事を言われて
怒った兄は話の途中で電話を切った。
兄を育てる為に両親はあんなに頑張ったのに・・・。

父の口座から引き落としていた
電気電話ガス新聞水道等の口座変更の手続きの方法を調べ
電話で処理できる物は全てすませる。
この辺りから、母の精神状態が不安定に成る。
とにかく落ち着きが無く軽いパニック状態でテンションが高く
バタバタと動き回る、様子を見ていたがどんどん酷く成って行くので
ちょっと大きな声で「落ち着きなさい!全部きちんとできてる!寝なさい!」と命令して無理に横に成らせる。
これで、少し落ち着いた!



次の日は葬儀費用の支払いや役場へ色々な提出物を出し
年金の手続きをしようとしたら、父は国民年金ではなかったので
東京へ電話しなくてはいけなくて一任される
貯金の相続請求も提出
とにかく書類書類!
母が書類を書くと全部おかしな事に成るので
書類の送付先はかまわない物は全て私の自宅にした。

今現在できる手続きは全て済ませて帰宅した。
(帰宅する前に母の女学校時代からの友達が訃報を知り電話くれたり
山仲間やパッチワークのお友達からも連絡が有って母がかなりしっかりしてきた)

とにかく・・・疲れた

夫の顔を見てほっとした。

夫は夫で犬達に翻弄されて大変だったようだ。

今まで、外へ出ようとしなかった子まで
鉢植えを置いている棚をよじ登って
塀を乗り越えて外へ出たり
犬用の洗濯機の後ろの隙間から出たり
呼んでも来なかったり
のんびりした口調で報告してくれましたが
相当大変だったようです。
(ある方曰く、私を犬達が探しに出たのではとの事でした)

台所犬達は私の留守中に届いたフードの底を少しやぶして
ちびちびと食べ続け・・・一回りデブッチョに成ってました。
彼等は緊急ダイエット!
颯太とチョン子は少し痩せていました。
(チョン子は私の体のどこかに触れています)




スポンサーサイト


  1. じいちゃん