颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
コビーちゃんの事 :: 2011/10/16(Sun)

マスターの胴胎ユロの義姉ちゃんのコビーちゃんが2011.10.16日に亡くなりました。

コビーちゃんは私と手箱さんを取り持ってくれた特別な子でした。

手箱さんが書かれたコビーちゃんとの生活をつづったイラストが無かったら
ユロが手箱さんご夫婦の元に行く事も有りませんでした。

コビーちゃんに会ったのは1回だけだったけど・・・。

臆病なユロにとってはとっても頼りに成るお姉ちゃんでした。

マスターのお悔やみのお花を頂いて、
電話でいろいろお話を伺って・・・「呼吸が出来なくなって」大変だった!と
いうお話を軽く聞き流してしまって居ました。

コビーちゃんはDMでした。
発症から1年間、ヘルニアと誤診されてずっとヘルニアの治療を受けていました。
Drにとって経験の無い病気だったので、思いもよらなかったのでしょうね。

最終的に大学病院でのMRIによって、確定されたのだったと思います。

本当に大切に大切に、介護されていました。

お食事も食べにくくなってからは、
ご主人がゼリー寄せにされたりしていたそうです。

初めての愛犬との別れは、本当に辛くて・・・いつまでも涙が止まりません。
泣いて泣いて泣いて、送ってあげて下さい。
ワンコも大好きな家族と別れたくないから
涙の川を流れてでないと、虹の橋までたどり着けないかもしれない
最近はそう思って涙をこらなくなりました。

前は涙をこらえていました。。。泣くと何かに負けるような気がして
若かったのですよね
今は・・・今もこれを書きながら泣いて居ます。
涙がひとりでに流れてしまいます。

コビーちゃんユロがお世話に成りました。
丸1歳違いの姉弟だけど、ユロが行くのをもっと後にしてあげてね。
マスターが居るから、性格は違うけど
姿かたちはユロとよく似ているから、
マスターとお遊んで待って居てね!

ユロはますます臆病に成っているようですが、
少しづつ一人っ子生活に慣れて行っているようです。

コビーちゃん、家族のみんなを見守っていてあげてね!
            2011.11.25
スポンサーサイト


  1. 犬・思い出
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。