颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




チョン子を・・・ :: 2011/11/10(Thu)

寝ているチョン子を起こしてみました(*^_^*)

111105_2132~01   111105_2132~02
       



なんだか、セクシーポーズになっちゃった!!

111105_2134~01
        

111105_2134~02
この後、又寝ちゃったよ~♪

猫って本当に「ねるこ」だね(*^_^*)




今日ケリーちゃんの咳が酷くって注射に行って来ました。
(私もだけど、温度差が有ると咳が沢山出ます。)

ケリーは洋服を着せても、バリバリにやぶすので着せれません
唯一大丈夫なのが、颯太と同じよだれかけ
位置的に口が届かないので
実際、神経質な子なのでよだれも酷いから
今度はタオル地で作ろうかと思って居ます。

前置きが長く成りましたが・・・。

病院にぐったりしたコーギーの女の子がやって来て

かなりひどい状態!

昨日まではとっても元気だったとか、
飼い主さんは何がどうなって居るか解らない感じ!

急性の貧血のようでした。

かなり状態が悪くて、、、明日まで持つかなぁ・・・
(この子は8歳で、避妊手術もして出血は普通に止まったそうです)

この「急性貧血」はコーギーに多いんです。
(PコーギーはvWD→(フォンウィルブランド病)出血傾向を特徴とする先天性疾患を持った子が居ます。
DNA検査で因子を持って居るか否かは調べる事が出来ます。
因子を持って居ても、特に問題なく長寿を全うできる子も居ます。)

出血傾向の強くない子でも
ある日突然元気が無く成ってだるそうにしていたら
「急性貧血」を疑わないといけません。

人間みたいに鉄剤を飲んだり、注射して改善できるものでは無くて
言いたくないけど・・・まず助かりません。

私も経験が有ります。

どんなに手を尽くしても救えない無力感・・・。

ただ、ワンコは特に痛かったりは有りません。

それだけが、救いと言えば救いでしょうか。。。

111107_1032~03






スポンサーサイト


  1. ペットの健康