颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




Corgiのお勉強^^ :: 2011/08/12(Fri)

ペンブローグコーギーに興味の無い方には
つまらないかもしれません。

"Structure and Movement In The Pembroke Welsh Corgi"

                    Stephanie S Hedgepath

110809_1356~01


↑写真でお解かりかと思います。
(P Corgiの骨・骨格に関してのDVDです。
骨格がきちんとしていたら、理想的な動きをすることが出来ます。)
*全部、英語です。。。ゆっくりしゃべってくれていますので
 解り易いと思います。
 英語の苦手な私は多分こんな事
 言ってるんだろうなぁ~♪って見ました^0^


いきなり、骨格に付いて延々と述べるのではなく
Corgiの歴史を映像を取り入れて解り易く説明してくれてます。
(ヨーク公と幼いエリザベス女王もちょこっと出ます^^)

最初は解りやすい頭部に関しての解説です。
同じコーギーのカーディガンと比較したりして楽しめます。

凄く専門的な話ですが、イラストだけでなく
実際に自分達の所有している犬をモデルに説明してくれています。
(Corgiの専門的な本に目を通している方は解りやすいかな^^;)
そして、これからCorgiを極めようとしている方は幸運ですね!
物凄く詳しく骨格に付いて説明してくれています。
こんな親切な物が出来て!素晴らしい!

PWCCAのナショナル(今年は9月に開催されます)に行くと
事前に予約が必要ですが、こういったP・Corgiの
骨格構成に関する講義を受ける事が出来ます。
実際にショーに出ているPWCCA幹部の犬がモデル犬として出てきますから、
その犬がどんな欠点を持っているかが良く分かります。
完全な犬は居ないので、写真であこがれていた犬にがっかりする事も有りますし
反対に、なんて素晴らしい犬なんだろうと感動する事も有ります。


これは個人的な事ですが、私の大好きなマーリン
(ステファニーがイギリスの
ドッグショーで惚れ込んでアメリカに連れ帰ったCorgi♂)
のイギリスでのショーの様子が載っています。
動くマーリンが見れました!キュートです

とってもハンサムなブラックヘッドコーギーのマーリンに会えます^^ 

マーリンの事

沢山勉強に成る事が述べられていますが、
私の英語力では全てを理解する事はできません。
(外国人向けにガイドブックが欲しかった^0^)
でも、貴重な映像が沢山有ってそれだけでも価値が有ります。

当分、ノートを片手に骨の部位の名前を覚えます^0^
焼肉食べたくなったりして







自分にはもう関係ないと、集めたCorgiに関する資料も随分処分しました。
でも、やはりCorgiが好き!
多分付かず離れず、学び続けて行くのだろうと思います。
PWCCAのHPへ行くと、遺伝的な病気のDNA検査の新しい情報や
ブリーダーの情報を得る事ができます。
もうブリーディングをする事は無いので
私にとって必要の無い物だけれども、
新たに検査のできる項目が増えるごとに
Corgiの健康と飼い主の安心が増えると嬉しくなる。
日本のブリーダー(他犬種も)がもっとDNA検査に
力を入れてくれると良いのに!
日本のブリーダーの姿勢が変わったら
外国のブリーダーの見る目も変わってくるのだが
時間とお金が沢山掛かるので、なかなか実践できていないようです。
今はDNA検査もブラシ方式で血液を送っていた頃からいうと簡単に成ったんですよ!

颯太はブリーダーがきちんとしてくれているので
今現在解っている遺伝的な病気の心配は無いと思う。
(解ってない病気の方が多いと思います)
それでも、「ガラスのお腹」の持ち主です。
いつも思うのです・・・世の中に「完全」とか「完璧」は無いと
欠点が有るから、いとおしいと思います。

動物を飼う時、全てを受け入れればいいだけの話です。
それくらい大きな心で受け止めて欲しいです。

以前ペットショップをしている方が
ゴールデンの絶対「股関節形成不全じゃない子犬」が欲しいと言われたと
頭を抱えていました・・・子犬の時に、股関節形成不全と判断できる人は
神様だと思います。生活環境でかなり違って来ますしね。
OFAでも、正式な判断は大人になってからです。

スポンサーサイト
  1. ペットの健康