颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
遺伝子で乳がん予測&薄毛の治療 :: 2012/04/29(Sun)

今日の徳島新聞より

日本人の乳がん発生リスクは
・乳がんになりやすい環境因子・・・肥満、運動不足(ドキッ!)
・遺伝子検査
を組み合わせる事で各人に有ったがん予防つながる。

遺伝子リスク(線維芽細胞増殖因子受容体など)
   ↓
遺伝子リスク因子の保有数をスコア化
   ↓
乳がんになる相対比率を分析

遺伝的リスク因子0~3保有・・・0点=(乳がん発生率)1

リスク因子の保有数が多くスコアが高いほど乳がんに成る危険率が高くなる。

スコア4の人は1の人の9倍

   (愛知県がんセンター研疫学予防部)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
薄毛治療に関して(徳島大学医学部大学院
         ヘルスバイオサイエンス研究部皮膚科分野 久保教授)
            ↑
          あんまり長いから書いてみたかった^m^

これは薄毛に悩む男性からの『薄毛治療薬は子供を作る上で影響は無いのか』という質問に答えたものです。

・男性型脱毛症の前途・頭頂部の毛髪では男性ホルモンは毛母細胞近くの
「毛乳頭細胞」に作用し、毛母細胞への増殖抑制シグナルを伝える。
 毛乳頭細胞に入った男性ホルモン
      ↓
  5αリグターゼⅡ型(酵素)
      ↓
  5αジヒドロテストステロン(DHT)・・・強力な男性ホルモン
      ↑
    選択的に阻害⇒頭髪での男性ホルモンの作用を抑制
      ↑
    フィナステリド
     ・一日1回服用
     ・6か月~1年で効果を得られる
        1年・・・60%
        3年・・・80% 
       進行無しを加えると98%
     .内服を中止すると中止後3~6か月で脱毛が進行
      (継続した内服が必要)
     
     ・全身への影響はほとんどない*
     ・性機能障害は日本では有意な機能障害は無い
     ・内服中、妊娠に関して問題無い
     ・肝臓で代謝されるので、肝機能障害のある人は避ける方が良い
     ・治療に保険が効かない・・・一日約250円の薬代と診察料は自費

     *5αリグクターゼは2種類有る
       毛乳頭細胞・前立腺・・・Ⅱ型
       主要臓器(筋肉・肝臓・他)・・・Ⅰ型が働いている
       フィナステリド・・・Ⅰ型を阻害しない
                 Ⅱ型を選択的に阻害する。

   T君と同じ世代の人からの質問で・・・個性だとは、考えられないのかなあ
   大学時代のT君の写真は、黒々とした髪の毛がフサフサで・・・誰か解らなかった。
   でも、私は(まぁ私がどう思うなんて、関係ないけど)今のT君の方が可愛いと思うけど・・・。
   40歳がそこに来ている人に可愛いなんて言ったら叱られるね^^;

   実際に自分が薄毛だったら・・・確かに悩むかもしれない

   薄毛治療薬と血圧の薬とどちらか選択となると・・・血圧の薬だなぁ
   だって、薄毛は命に係らない。。。

   母方の祖母は髷を結って居たから薄毛に成ったと言って、生涯鬘を離さなかった。
   叔母が最近・・・薄毛に成って来ている。
   頭頂部だから、本人は気が付いていないようだ。。。

   私も長生きしたら、薄毛に成る可能性が有るなぁ

   ケセラセラ~成るように成るさ~♪でございます。

   禿げたら・・・金髪の鬘も良いなぁ・・・絶対似合わない^0^
   レイヤーのNさんにきれいな薄緑の鬘を譲って貰おう~!
   最近は色んな色が有るから☆楽しそう~♪




   

スポンサーサイト
  1. 遺伝に関するお勉強
  2. | comment:0
三毛猫の雄 :: 2012/04/19(Thu)

三毛猫=XXでありOoである事

雄の三毛猫が何故存在するか

・1961年 チューリン&ノービーの仮説
       ・クラインフェルター症候群状態に成る
          XXY⇒生殖能力が無い

   (*クラインフェルター症候群
       1942年H・F・クラインフェルターらによって発見
        外見的には男性、わずかに乳房が有る、髭が生えない、
        睾丸が小さい、知能低下、生殖能力が無い)

・XY←XXY・XXXY・XXXXY・XXYY
    Xが普通より本数が多い細胞により様々な組み合わせによってモザイクに成っている。
      ・♂である事、XXがOoで有った場合毛色が所々で茶色
      ・Xが何個あっても発現するのは1つ
            ↓
           不活化
            ↓
          生殖能力のある♂三毛

・体の細胞が性染色体についてXXとYYのモザイク
   ・ははおやのしきゅうのなかで本来別の個体に育つはずの
    複数の胚(初期胎児)が融合する。
    XYとXYのモザイク⇒X-X・Y-Yは其々別の物
   ・Yが有るので♂
   ・由来の違うX・・・2つ⇒モザイク状
                 ↓
             茶色のまだらが現実
   ・生殖能力が有る


雄の三毛猫には生殖能力が無いと思って居たので
目からウロコ!
三毛猫は特にaaの黒毛を持つ子は神経質な子が多い
(性格はキジの方が穏やかな子が多い)
そして免疫不全を持って居る子が多い。

最近、本当に三毛猫を見かけなくなったような気がする。
洋ネコの毛色ではキャリコだったような・・・
三毛のペルシャやブリティッシュショートヘアーはめっちゃ可愛い♪
ペルシャ・キャリコの赤ちゃん


ブリティッシュショートヘア・ダイリュウトキャリコの赤ちゃん


  1. 遺伝に関するお勉強
  2. | comment:0
三毛猫の毛色 :: 2012/04/18(Wed)

三毛猫の毛色の遺伝について
結構ややこしいです><
(和ネコに限定しないと、アメショーなどのシェーデットとか
淡いクリーム色・長毛・etc・・・混乱の極みに成りますよねぇ~!!
私はサビ(トーテーシェル)が好きです。我が家のゲージでしか暮らせない子・サビはこの毛色です。
ネコに関しては「見たまんま命名」です。サビ猫って、
母に言わせると「雑巾絞った」ような毛色なのだそうです><)

先ずは、和ネコ系の色の遺伝子
W(白)O(オレンジ)A(アグチ・キジトラ)S(スポット・ブチ)

W・・・優性・最強・・・真っ白い猫は少なくとも1つ持つ
    片親がWwの白猫は1/2の確率で遺伝する
    WWだと全部白い子供に成る

120413_2352~01
(我が家で最強?^m^)

O・・・オレンジ・茶色・優性
    Wが存在すると、地の色として茶トラが出る
    O遺伝子は性染色体Xの上に存在する。

  ♂・・・XY・・・X上にOが有ればYは関係しないので茶トラと成る。
          
          X上にOが無く、代わりに劣勢の対立遺伝子oがあれば、
          Yは関係ないので茶トラではない。
          (毛色は次のA遺伝子の有無に委ねられる)
  
  ♀・・・XX・・・OO・・・茶トラ
          oo・・・Oが無いので、茶トラで無く次の遺伝子に持越し
          Oo・・・ミケ
       二つあるXのどちらか一方だけの働きを発現させ、
           他方を発現させないように、働きを抑え込む=不活化


           ・不活化は受精後、ある程度細胞分裂が始まった所で起きて
            以後の段階での変更は無い。
            (Ooの場合Oの載っているXが抑えられたら、以後いっさいOの働きは出ない
             oが載っているXが抑えられたら、Oの働きが出続ける)
                   ⇓
             ・Oの載ったXの抑えられた細胞が増える事の出来た領域には
              決してOの働きが現れない。

             ・oの載ったXの抑えられた細胞が増える事の出来た領域には
              必ずO(茶)が現れる。

             ∴茶とそうでない所がマダラと成って体表面に現れる。

            茶とそうでない所にキジトラが現れる⇒キジ三毛
                 同上   黒      ⇒黒三毛
                              
            上記の決定はA遺伝子の問題と成る。

          A(アグチ・キジトラ)・・・WOよりも影響力の弱い優性遺伝子
                        W・Oも無い時、ようやく出番となる。
                        性に関係なく
                         AAもしくはAa=キジトラ
                             aa =黒

          S(スポット)・・・Wを別として、強い力を持って居る。
          不完全優性     地色に関係なく
                     SS=脚から始まり顔と背中の辺りまで白
                       (地の色は必ず残る)
                     Ss=両足とお腹の辺りまで白くさせる


日本ネコも洋ネコと交雑しているので、こんな大雑把な分け方では
「じゃあ、あれは?」と言われそうですね・・・でも、私はこのくらいの分け方で無いと
付いて行けません。

今日は味噌作りと春酵素作りを一日でして来たのでヘトヘトです。

酵素の予定を聞きがてら、クレソンできてますか(下の川に)な~んて
話をしていて「食べたいから、
水曜日には時間が取れるので採りに行きます」って言ったら
『じゃぁ、来たついでにお味噌もする?あぁ、もうついでに酵素もして行ったらいいわ』と話がまとまり
今日のお味噌作り・・・私一人でした。
ことほぎのお母さんがほとんどして下さって^^;
いつも甘えさせて貰ってるのに、、、今日は何から何まで・・・
酵素の材料集めも、ご主人が車で山まで連れて行って下さって、
自力で7.5kしか集めれなかったから、残り2.5kはご主人が一緒に
クレソンやスイバ等を集めて下さいました。。。
帰りに本来の目的のクレソンをいっぱい採って来て・・・さっとゆでて、
お醤油かけただけで食べたら美味しかった~♪
台所犬達が欲しがって、大変!!!身動きできないぐらい、
足元にくっ付いてお願いされちゃいました@@


・・・・・・・・
颯太の胴胎のりんちゃん所のミリちゃんはDM。。。ついに、後ろ足が全く駄目に成ったそうです。
DMは性差が無いとされているが、、、、、私の周りでは♀ばかり!   

  1. 遺伝に関するお勉強
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。