颯太の育児記録

 コーギー・フラッフィー犬・颯太(そうた)の成長記録




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
雪の結晶ブランケット :: 2017/07/12(Wed)

今日は昼間雨が降ると言う予報が出ていたので、
鉢植えの水やりの手を抜いたら・・・降りませんでした。
釣り鉢に植えているキャットティルがシオシオに成っていて、慌てて腰水しました。

先月からボツボツ編み貯めた「雪の結晶」のモチーフの枚数が溜まったので、
ブランケットに仕上げました。
「雪の結晶ブランケット」はRickyさんが主宰されているCAL(みんなで同じ物を自分の好みに合わせて編む会?)で
2014年に編まれた物をブログ(http://crochetric.exblog.jp/21389370/)で見せて頂き、
凄く編みたくなって、木綿の糸で編みました。
時間と体力が有ったら、同じモチーフを毛糸で編みたいと思って居ます。
前置きが長くなりました^^;

アイロンをまだかけていないです。
広げると、テトかチョン子が必ず上で寝ます^^

KIMG0078.jpg

モチーフも気に入っていますが、
縁編みのパイナップル編みもとっても楽しかったです^^

今回はたまた色々な色の糸があったので、とってもカラフルですが、
次回は単色で編みたいと思って居ます。


スポンサーサイト
  1. 手芸
久しぶりの颯太です。 :: 2017/07/11(Tue)

九州の大雨被害!他所事とは思えません。
早くお天気が良く成って復興が進みますよう心よりお祈りいたします。


颯太のアレルギーは小康状態のようです。
せき込んで戻すことはめったに無いです。


よだれは相変わらず凄くて、
フロントと右足がよだれですぐドロドロに成ります。

全身を洗うのはとっても大変なので、
(お風呂場からトリミングテーブルまで抱えて連れて行く体力が無いんです^^;)
酷い部分だけ洗っています。
颯太も部分シャンプーだと早く終わるので、とっても嬉しいようです。

母が居ると颯太を怖がるので、部屋に出せないのですが、
今は避暑に帰っているのでほとんど部屋に出ています。

KIMG0074.jpg

お姉ちゃんのチョン子との距離はここまでです。
颯太は傍に行きたいのですが、チョン子が許しません。

ちょっとおまぬけな顔
KIMG0076.jpg


  1. いぬ
あっという間に :: 2017/05/10(Wed)

初夏に成って、夏日もあったり・・・梅雨も近いですね。

最近低気圧が近づいて来ると、目が開けられない感じの頭痛に悩まされています。

病院へ行けばいいのですが、痛い時は動けないんですよね。
どう説明したら、良いのか・・・^^;

猫達は、相変わらず
仲良くけんかしています。
KIMG0029.jpg
こうしてくっ付いて、舐め合っていて急に噛みつき合いを始めます。

テトの秘密基地
KIMG0018.jpg
新しい座椅子ですが、ひっくり返して中に入って遊んでいます。
一番下の孫を座らせて、ゆりかご代わりにしたり・・・本来の使い方はあまりしてないです。

颯太は元気です。
KIMG0014.jpg


昨年植えたジャーマンアイリスが咲きました~♪
KIMG0025.jpg

いつものバラも咲いてくれています。
KIMG0027.jpg


そして、近所の方にボレロを編みました。
KIMG0028.jpg
着て正面から見たら、藤色のパイナップル編みが可愛いです。
何より、肌触りが凄く柔らかくて気持ちがいいです^^
*母と同い年の方なのですが、藤色が良く似合って、喜んでいただけました^^

  1. 季節
今日は猫の日 :: 2017/02/22(Wed)

久しぶりのFC2です。

庭の梅の木が八分咲きです。

台所犬のさつきが14歳と1週間で亡くなりました。
認知症になって、寝たきりに成っていました。

猫達は元気です。

颯太もお薬を飲みながらですが、元気に番犬をしてくれています。

実家の母と同居しています。
病気をいろいろ抱えていますので、病院通いで結構忙しいです。
今週から、整形外科のリハビリに通うようになりました。

170122_1940~01
おデブ猫に成っても甘えん坊のテトです。
ちょんこはどんどん穏やかで優しい猫に成っていってます。
動物の苦手な母もチョン子の事が気に入っています。

170214_1300~01
冬咲きのクレマチス、この冬は沢山の花を咲かせてくれました。

170214_1301~01
おなじみのクリスマスローズ

170214_1301~02
この花は去年の夏から代替わりしながらですが、ずっと咲いています。
寒いと言いながら、我が家の辺りは雪があまり降っていないからでしょうね。

  1. 季節
颯太の体調不良の件 :: 2016/10/11(Tue)

急に涼しく成って来ましたね。
風邪ひかれていませんか?気を付けましょうね!

涼しく成ると元気に成るのがワンコ達です。

颯太も体調を崩していたのが、やっと上向いて来ました。

風邪のような症状でしたが、
もしかしたらアレルギーから来たものだったかもしれません。

異変に気が付いたのは9月に入ってからだったと思います。
食事を食べてはいるけれど
一旦口に入れたフードを飲み込むことができずだったり、
飲み込んでも胃まで行ってないような状態の物を戻して、
お腹が空いているから又食べて・・・また、戻す。

(私は手術をしてから、少し疲れると本人が疲れを意識する前に
喉が腫れて食べた物を飲み込みにくくなったり、
誤飲して、ぜんそくの発作の様な咳をして誤飲した物を出します。
(これは本当に苦しいです。。。血圧も上がるし><)
その状態とちょっと似ていました。)

病院で「吐く」という事から、
口の中や喉に何かできていないかと口の中をじっくりみたのです。
そうしたら、颯太の舌が根元辺りから喉の方に入り込んでいました。
最初は病院で緊張しているからかと思ったのですが、
日常的に入っています。
そして、颯太は自分の舌がどうなっているかという自覚はないようでした。
それと颯太の舌は他の我が家の犬たちと比較して厚さが1/2か1/3の厚さだったのです。
風が吹けば、ひるがえりま~す。みたいな、かんじ!

今から思えば、子供の時からご飯を食べるのが下手でした。
舌が薄い=下の力が弱い=食べ物や飲み物を上手く口の中に入れる事が出来ない。
という事みたいです。
固いままのフードは上手く食べれますが、
ふやかしたフードやべったりとした缶詰は苦手です。
お団子にして手で食べさせると問題無いです。

7年も飼っていて、今頃気が付くなんて・・・駄目な飼い主です。
なまじ飼育経験があると、思い込みで育ててしまう所がありました。

結論からいうと、何らかのアレルギーで喉が腫れて、
上手く飲み込むことができない、そして誤飲もあってゼロゼロと戻そうとする。
炎症ができる、発熱、食欲が落ちるという状態でした。

酷い時は水を飲んでも吐き出していました。

今は体力を維持するためのビタミン剤、抗生物質、抗ヒスタミン剤を
一日1回飲んで、漢方の胃腸薬(犬用)を飲んでいます。

おやつはサツマイモやリンゴぐらいで、ご褒美はフードを1粒にしました。
(アレルギーが出そうなものは食べさせない)

舌は相変わらず喉の方に折れ込んでいます。
薬やおやつをあげる時は口を開けさせて通常の状態に戻してから与えます。

無意識の内に折れ込むので、
舌が折れ込んで居る事を意識させることにしました。
する事は乱暴なんですが舌を出した状態にして、
指で押さえてその状態をキープしました。
こうなってないと食べれないよ!と2~3回やったんです。
それで彼は自分の舌の位置を意識するようになったみたいです。
「食べたい!」一心で、舌が折れ込んでいるのを自分で直すようになりました。

きちんと食事を食べる事が出来るようになって、
元のように向こう三軒両隣の番犬もするようになりました(やかましさが戻りました)

酷い時は一番興奮する宅急便が来ても、ヒャンヒャンとしか声が出ていませんでした。

まだ完治したわけではありませんが、
目に力が戻って来たので多分もう大丈夫だと思います。

  1. いぬ
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。